運動器ケア しまだ病院

運動器ケア しまだ病院

文字サイズ大 小

〒583-0875
大阪府羽曳野市樫山100-1

072-953-1001

求人情報

運動器ケア しまだ病院 Facebook

生きるよろこびをあきらめない。その人の「しあわせ」を考える。
─私たちは「運動器ケア」をきわめることをここに宣言します

手根管症候群のリハビリテーション

手根管とは

syukonkansyoukougun-reha_1手根管は、手首の手のひら側にあり、骨や靱帯で囲まれた親指ほどの太さの狭いトンネルです。このトンネルを「正中神経」と呼ばれる神経と、指を曲げる腱が通っています。

症状

親指、人差し指・中指などのシビレや痛み、親指の筋力低下などがあります。シビレは、明け方に起こることが多いですが、使わないで休めていても、逆に、手作業をしていても起こる場合があります。

原因

同じ動作の繰り返し、妊娠によるむくみ、骨折や腫瘤(しゅりゅう)による手根管内の圧迫により起こります。痛みやシビレの症状は、手を振ったり指を動かすことで一時的に良くなることがありますが、これは、手根管内で傷んだ神経が、動かすことで循環が良くなったり、圧迫が一時的に軽減するためです。

治療

一般的には装具などでの固定がよいとされていますが、日常生活ではしびれを気にせず、積極的に使うことが大切です。また、手根管内を腱が通るので、その筋肉の柔軟や運動などが有効です。その他、内服やステロイド注射を併用する場合もあります。

運動療法(例)

手首のストレッチ

腕を肩の高さに上げて各動作を10秒ほど保持する(3セット)

syukonkansyoukougun-reha_2

親指を中にして握り、手首を小指側へ曲げる

syukonkansyoukougun-reha_3

手首と指を曲げ、反対の手で手前に引く

syukonkansyoukougun-reha_4

手首を反らして壁に固定し、反対の手で上から押す

 

 

 

腱のグライディングエクササイズ

手首・指をまっすぐに伸ばした状態(基本姿勢)から開始して、以下の5つの姿勢を7秒ずつ保持する(5セット)

syukonkansyoukougun-reha_5

指をしっかり反る

syukonkansyoukougun-reha_7

指を曲げて拳をつくる

syukonkansyoukougun-reha_6

第1関節を伸ばして拳をつくる

syukonkansyoukougun-reha_9

第1・第2関節は伸ばし、第3関節を曲げる

 
syukonkansyoukougun-reha_8

第3関節は伸ばしたまま、第1・第2関節を曲げる

 

日常生活での工夫(例)

・包丁やフライパンなどを使う時は両手で操作する(持ち手を太くして握りやすくする)
・パソコンのキーボードを打つ時は、手首の下に丸めたタオルなどを敷き、手首をまっすぐに保つ
・タオルを絞る時は、タオルの片方を蛇口にからめて、別の片方を両手を使って絞る

しまだ病院

関連リンク

関連施設

 
このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright Heartful Group. All Rights Reserved.