運動器ケア しまだ病院

運動器ケア しまだ病院

文字サイズ大 小

〒583-0875
大阪府羽曳野市樫山100-1

072-953-1001

求人情報

運動器ケア しまだ病院 Facebook

生きるよろこびをあきらめない。その人の「しあわせ」を考える。
─私たちは「運動器ケア」をきわめることをここに宣言します

野球肘のリハビリテーション

野球肘とは

野球肘とは投球による肘の障害の総称のことです。主に、投げすぎによって起こるスポーツ障害です。痛む箇所は肘の内側と外側が多く、原因として投球動作のリリース直前に肘の内側に張力(引っ張る力)肘の外側には圧迫力(上腕骨と橈骨がぶつかる)が働くことがあげられます。

yakyuhiji_1

野球肘の症状

肘の内側・外側を押すと痛みます。肘の伸びと曲がりが悪くなります。
※これらの症状がある時は、病院にいきましょう。痛みを我慢したまま投げ続けると剥離骨折や靭帯損傷へと発展し野球人生に関わるものとなってしまいます。

リハビリテーション

今回は肘の内側に痛みがある時のリハビリテーション例を紹介します。ポイントはまず肘の内側の筋肉を柔軟にすること、強化する事から始めます。
※まず投球は痛みがとれるまで中止します。

保護期

安静時に痛みがある時期

 アイシング

  
yakyuhiji_2

肘の内側のストレッチ

  
       
yakyuhiji_3

肘の内側の筋肉を伸張し
筋の硬結部分を直接押す

yakyuhiji_4

肘の曲がりを改善するストレッチ

   
yakyuhiji_5

手首を曲げ肘の内側を
鍛える

 
yakyuhiji_6

手首を回し肘の内側を
鍛える

回復期

安静時痛が消失する時期
 肘の可動域と筋力の回復を図ります。

復帰期

筋力・可動域ともに回復する時期
投球動作で痛みがない事、投球フォームを確認しながら投球を徐々に開始。
理学療法士、医師のチェックを受けながら全力投球へ進みます。

しまだ病院

関連リンク

関連施設

 
このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright Heartful Group. All Rights Reserved.