運動器ケア しまだ病院

運動器ケア しまだ病院

文字サイズ大 小

〒583-0875
大阪府羽曳野市樫山100-1

072-953-1001

求人情報

運動器ケア しまだ病院 Facebook

生きるよろこびをあきらめない。その人の「しあわせ」を考える。
─私たちは「運動器ケア」をきわめることをここに宣言します

足関節捻挫(外側靭帯損傷)のリハビリテーション

足首の捻挫は日常よくみられるスポーツ外傷で、サッカー、バレーボール、バスケットボール、バドミントンなどの競技でよくみられます。 また日常生活でも段差で捻って受傷するなど、よくみられる外傷のひとつです。捻挫は無理がきくケガと思われがちですが、不完全な状態でスポーツ活動を再開すると、不安定性、筋力低下などが残存し、捻挫の再発などの後遺症を招くこともあります。 捻挫の中でも多い、足首を内側に捻ることで外くるぶしの下にある靭帯を損傷する足関節外側靭帯損傷のリハビリを紹介します。

急性期(術後約1~2週間)

1day_delta ~炎症を抑える~
●受傷直後はRICE処置(Rest:安静 ・ Ice:冷却 ・ Compression:圧迫 ・ Elevation:挙上)を行います。
●捻挫の重症度によって包帯固定、サポーター固定、ギプス固定(1~2週間)などを行います。 

回復期 (術後約3ヶ月)

1day_delta

 ~足首の動きと筋力の回復を図る~
●固定がはずれれば、本格的なリハビリの開始です。
●固定をはずした後もしばらくは捻挫したときと同じ動き(足首を内側に捻る)は控えます。
 
   sokkan1   sokkan2 
   足首を内側に捻らないように外側に開く筋力を強化します。   足を1歩前に踏み出します。足首を捻らないように親指側に体重をかけるように気をつけます。 
   sokkan3  
   片足でかかとあげをします。スポーツをしていない場合でもこれができるまではリハビリを続けます。   

 復帰準備期(術後約半年以降) 

1day_delta

~スポーツ特有のフットワークの練習と再発予防~ 
  sokkan4 sokkan5
  ジャンプの練習をします。
走り始める目安となります。
不安定板の上でトレーニングを行います。不安定な状態でも足首を捻ることがないようにします。柔らかいものの上で行っても同じ効果があります。 
  sokkan6  
  反復横とびなどフットワークの練習をします。このときも足首を捻らないように親指側に体重をかけるように気をつけます。  

スポーツ復帰(術後約9ヶ月~1年)

捻挫の重症度によってこれらのリハビリにかかる期間は異なります(1週間~6週間程度)

 

関連リンク

関連施設

 
このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright Heartful Group. All Rights Reserved.