運動器ケア しまだ病院

運動器ケア しまだ病院

文字サイズ大 小

〒583-0875
大阪府羽曳野市樫山100-1

072-953-1001

求人情報

運動器ケア しまだ病院 Facebook

生きるよろこびをあきらめない。その人の「しあわせ」を考える。
─私たちは「運動器ケア」をきわめることをここに宣言します

投球障害のリハビリテーション

医師の指示により、リハビリを開始します。

保存療法では

tokyu-reha_3

▲肩の状態チェック

1.傷害につながった全身状態のコンディショニング
2.炎症や投球における検査での痛みの改善
3.投球フォームのチェックや指導    

                     等

※主治医と相談し、保存療法における「2」が改善しない場合や、画像所見における重篤な状態が改善困難な場合は手術などの必要性も検討されます。

 

手術後のリハビリテーション

1day_delta

1.肩や肘などの状態を評価表で点数化
2.評価表の点数結果を元に担当理学療法士がリハビリメニューを作成
3.1~2週ごとの経過チェックと、リハビリメニューの調整
4.投球開始後の投球フォームのチェック

tokyu-reha_1

tokyu-reha_2

▲投球フォームのチェックと指導

 

 

 

競技復帰

※投球障害には症状改善・再発予防には様々な原因があり、肩関節のストレッチだけでなく、体幹・股関節の柔軟性、筋力など全身的なケアーが大切となります。このため、練習前後のストレッチや日頃からのトレーニング習慣が重要になります。

 

しまだ病院

関連リンク

関連施設

 
このサイトについて | サイトマップ | お問い合わせ

Copyright Heartful Group. All Rights Reserved.