運動器ケア しまだ病院

島田病院

文字サイズ大 小

〒583-0875
大阪府羽曳野市樫山100-1

072-953-1001

求人情報

島田病院 Facebook

形成外科

形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、外科的な手法を用いて、 機能のみならず形態的にもより正常に近づけることによって、生活の質の向上を目指す外科系の専門領域です。
整形外科との違いについてよく聞かれますが、整形外科が骨・関節を中心とした体の深部を対象にするのに対し、 形成外科はより体表面に近い部分を治療対象とします。

形成外科は全身のあらゆる部位を対象としますが、当科の特色として前腕以遠を対象とした手外科を中心に診療を行っています。

形成外科の主な対象疾患

手外科:   外傷(骨折、腱損傷、靱帯損傷、神経血管損傷)、変性疾患(変形性関節症、ばね指、手根管症候群など)、手の腫瘍性病変、手の先天異常、手指の拘縮など、前腕から指先までの疾患はすべて対象としています。
まぶたの疾患: 眼瞼下垂、眼瞼内反症(さかまつげ)に対する治療を行っています。歳を取るにつれ、気付かないうちにまぶたが下がって見えづらくなっている患者さまは多いです。状況により手術的な改善は可能です。 
皮膚腫瘍・皮膚悪性腫瘍:  皮膚表面のできものに対して手術的に切除を行います。切除後の傷ができるだけ目立たなくなるように手術及び術後のケアを行います。皮膚悪性腫瘍の場合は、皮膚移植などを併用する場合があります。
きずあと・ひきつれ:  外傷や手術のあとの傷跡が目立ったり、つっぱり感を生じている場合があります。適切なケアや、手術的な治療で改善させることが可能です。
褥瘡・難治性潰瘍: とこずれや皮膚の潰瘍に対して治療を行います。軟膏による保存的加療で行う場合、手術が必要な場合、原因疾患に対する治療が必要な場合もありますので一度ご相談ください。

関連リンク

関連施設

 
Copyright Heartful Group. All Rights Reserved.