島田病院はリハビリテーション機能の充実した整形外科専門病院です
 拡大 ]
 元に戻す |
[ 縮小 |
文字サイズ:
HOME >> 研究

研究

院内活動

学会発表(2001-2014)

発表年 学会名 演題名 発表者
2001年  第13回
大阪府理学療法学術大会 
靴下着脱パターンとその動作に影響する因子  八坂真妃 
2006年  第20回
日本靴医学会 
靴着用時と裸足でのパフォーマンスの比較  八坂真妃 
2006年  第41回
日本理学療法学術大会 
手舟状骨骨接合術後のアライメント変化について  大嶺俊充 
2007年  第42回
日本理学療法学術大会 
前十字靱帯再建時の移植腱への初期張力と理学療法プロトコル  大嶺俊充 
2008年  第43回
日本理学療法学術大会 
MED術後における再発ヘルニアの検討
~早期再発症例の検討~ 
野田隆基 
2008年  第14回
大阪病院学会 
SCD教育入院リハスタッフ対象のクリティカルパスの見直し  岩崎多祐 
2008年  臨床スポーツ医学会  スローイングスポーツの休養が肩関節に与える影響  溝口大五
2009年  第44回
日本理学療法学術大 
アキレス腱縫合術後の片脚カーフレイズ獲得因子の検討  大嶺俊充 
2009年  第44回
日本理学療法学術大 
腰椎椎間板ヘルニアに対するMED法における中長期成績の検討  野田隆基 
2009年  第21回
大阪府理学療法学術大会 
STABILIZERを用いたローカルマッスル評価
~頚椎と腰椎の動きに着目して~ 
青木美奈 
2011年  第52回
近畿理学療法学術大会 
物体までの距離が自己身体認知に与える影響  吉川昌利 
2011年  合同リハケア学会  理学療法士の新人ローテーション研修の取り組み  愛洲純 
2012年  第47回
日本理学療法学術大会 
疾患特性が自己身体認知に与える影響に関して  吉川昌利 
2012年  第47回
日本理学療法学術大会 
等尺性足関節底屈筋力はジャンプ動作の評価指標となるか?~ハンドヘルドダイナモメーターを使用して~  大嶺俊充 
2012年  第24回
大阪府理学療法士学術大会 
スポーツ現場サポートと病院診療の連携について  大嶺俊充 
2012年  日本病院学会  リハビリテーション診療における動画活用の有効性  兵頭惇 
2012年  合同リハケア学会  リハビリテーション部における感染対策に対する取り組みとセラピスト教育  小田高志 
2013年  日本膝関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会  前十字靱帯再建術後 スポーツ復帰時の運動能力が膝機能自己評価に与える影響  藤井裕一 
2013年  第19回
大阪病院学会 
整形外科術後の安全な離床への取り組み  米田篤史 
2013年  第54回
近畿理学療法学術大会 
鏡視下バンカート修復術後の関節可動域再獲得遅延要因についての検討  出水精次 
2014年  大阪府理学療法学術大会 歩行・ジョギング動作の違いに着目し間欠的症状の改善に至った腰部脊柱管狭窄症の一症例 森内諒介
2014年  大阪府理学療法学術大会 内側半月板の内側偏位radial displacementによる疼痛を主症状とした一症例 岡田直之
2014年  日本理学療法学術大会 腰椎椎間板ヘルニア術前患者の不安と抑うつ因子の推定 大嶺俊充
2014年  肩の運動機能研究会 鏡視下腱板修復術後の固定期間延長が術後成績に及ぼす影響 瀬尾充弘
2014年  日本股関節学会 変形性股関節症の運動選択と体幹・股関節機能の関係について 佐藤翔太郎
2014年 臨床スポーツ医学会 肘離断性骨軟骨炎骨軟骨移植術後のドナー膝の機能回復に向けた取り組み 松井良介
2014年 日本腰痛学会 腰部脊柱管狭窄症術前患者の不安と抑うつ因子の推定 大嶺俊充
2014年  日本腰痛学会 腰椎椎間板ヘルニア術後3ヵ月時の日常生活動作レベルと身体機能との関連性について 西田美紗子
2014年  南河内ブロック学術大会 学童期の前十字靱帯損傷に対するスポーツ復帰を目標とした一症例 井上裕貴
2014年  南河内ブロック学術大会 成長期のオーバーユースにより右大腿骨骨幹部骨折を呈し、動的アライメントの修正で改善に至った一症例 池上和寿
2014年  南河内ブロック学術大会 外側型変形性膝関節症により大腿外側部痛を呈した一症例 西野紗惠
2014年  リハビリテーション・ケア合同学会 当法人におけるアメリカ研修の導入 ~南イリノイ州立大学とのExchange Program導入へ向けて~ 森本圭太