回復期リハビリテーション病棟のご案内

病気やけがで障害を持ったとしても、自分らしい生活を取り戻したい、そのために回復期リハビリテーション病棟があります

仕事に力を尽くしていた人、一家を切り盛りしていた人、孫の世話に生きがいを持っていた人、
趣味の活動に精力を傾けていた人、ウォーキングやスポーツなど活動的な生活を楽しんでいた人、 病気やケガは、誰にでも起こります。そして、その後の生活や人生に影響を与えます。
私たちは、どんな風にしてご自分らしい生活を取り戻せるか、一緒に考え、 計画的なリハビリテーションを実施して、目的をかなえたいと願っています。

 

回復期リハビリテーション病棟とは?

医療の高度化と人口の高齢化を背景とし、医療機関がそれぞれ役割を専門ごとに分担して受け持つよう、 平成12年介護保険制度の施行と同時に、この回復期リハビリテーション病棟が厚生労働省により指定されました。

回復期リハビリテーション病棟は、主に急性期病院での治療後、まだ医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さまを対象に、適切な環境をつくり、多くの専門職がチームを組んで、集中的なリハビリテーションを実施します。
それにより、心身ともに回復していただき、自宅や社会での生活を再開することを目的としています。


八尾はぁとふる病院回復期リハビリテーション病棟の使命

必要な人に、必要な医学的なケアとリハビリテーションを実施して、 病気やケガによる影響を最小限として、その後の生活や人生の準備を進めます。
そのために、

  • 回復期への受け入れを迅速にするため、急性期病院との連携を大切にします
  • 急性期から回復期へ段差のないケアを提供します
  • 医学的な管理を適切に行います
  • どこまで機能回復できるかを早期から予測し、ご一緒に目標を明確にします
  • 医学的根拠に基づくリハビリテーションを集中的に提供します
  • ご本人の価値観に沿って、これからの計画ややりたいことを伺い、社会復帰をお手伝いします
  • ご自分のお住まいでの生活を安全に継続していただけるよう、在宅サービスの情報を提供します
  •  

    可能な限り早期からリハビリテーションを行うことが重要です

    急性期病院での治療が一段落すれば、できるだけ早く当院に入院していただけるよう地域連携課を中心にさまざまな急性期病院と連携しています。
    脳卒中では大きな合併症がない限り発症後1ヵ月以内、整形外科の手術では術後数週間を目安としています。入院されると、ベッドから離れて生活に必要な動作ができるようリハビリテーションを行います。褥創や転倒・転落事故の予防はとくに重要な課題としてチームで取り組んでいます。

    住み慣れた自宅での生活に戻れるよう援助することを目指しています

    回復期リハビリテーション病棟では患者さまがベッドから起き上がり、座り、食事をし、トイレでの排泄や着替え、歩行ができるよう援助するために医師・看護師・介護士・療法士の各専門職が協働でケアにあたります。
    当院には理学療法士:53名 作業療法士:22名 言語聴覚士:7名 計:82名(2017年7月時点)の専門職が勤務しています。
    その特性をいかすため、定期的な話し合いの場を設け、個々の患者さまに応じた計画に基づいて
    リハビリテーションを行っています。
    また、退院後の生活に向け、ご自宅の環境についての評価を行い、必要に応じて福祉用具の利用や
    住宅改修などをお勧めしています。

    地域で継続して支えるために

    八尾はぁとふる病院は、入院中の集中したリハビリテーションの提供だけでなく、外来・通所・訪問リハビリテーションなど、複数のリハビリテーション機能を持っています。
    これらをうまく組み合わせて、患者さまが地域や自宅に戻られても安心して生活ができるようにお一人おひとりに合わせて、必要なリハビリテーションを継続して提供しています。
    また、大阪府の地域リハビリテーション支援事業は平成24年度末をもって終了しましたが、当院は平成16年から平成24年まで、「中河内圏域地域リハビリテーション地域支援センター」として指定を受けていました。
    今後も地域でリハビリテーションの中心的立場を担う病院として、地域リハビリテーション協議会・病院連絡会などへの関わりや講習会の開催など、地域リハビリテーション事業を進めていく上での連携や啓蒙活動を積極的に取り組んでいきます。

     

    入院要件へ
    病棟実績へ

     

    はぁとふるグループのリハビリテーション理念

    その人がその人らしく尊厳を保ち、
    ご希望の人生となるようチームで、全人的に支援します