はぁとふるグループ看護部

はぁとふるグループ教育理念

私たちはグループの使命の実現に向け、ご利用者の自己決定を支援できるよう、技術を磨き、人の喜び・苦しみ・痛み・悩みに共感できる感性を育て、適切な対応を、迅速に、チームで実践する基本となるコミュニケーション技法を修得し、教育・研修に情熱を持って取り組みます

はぁとふるグループメンバーの特性

  • 1.人を総合的に理解できる能力をもっている
  • 2.はぁとふるグループのヘルスケアの概念を理解している
  • 3.職務遂行するために必要な知識と確かな技術を習得している
  • 4.起こり得るリスクを管理し、ご利用者の安全を確保している
  • 5.生命の尊厳と人権を尊重し、顧客に関わることができている
  • 6.人の喜びや苦しみ・痛み・悩みを分かち合える温かい心を持っている
  • 7.ユーモアセンスがあり、信頼関係を育むことのできるコミュニケーションを実践している
  • 8.各自がそれぞれの責任・義務(やるべきこと)を理解し、目標を持ち、達成のために努力をしている
  • 9.はぁとふるグループで実践するチーム運営におけるチーム員それぞれの機能・役割を理解している
  • 10.最新のヘルスケアに関心をもち、常に問題意識と向上心を持って職務改善に努めている
  • 11.国際的な視野で、地域のヘルスケアシステムに関与している
       (グローバルな視野で、ローカルに活動する)
  • 12.プロ意識を持ち、研鑽を積み、成果をグループ内外に発表している
  • 13.グループ内で職種を越え、ともに学び合う関係が持てている

教育目的

はぁとふるグループの使命実現に必要な知識・技術・態度を教育する機会を設け、地域の方々に貢献し得る人間性豊かなヘルスケア提供者を育成する

教育目標

  • 1.人間を総合的に理解できる能力を養う
  • 2.ヘルスケア提供者として職務遂行するために必要な知識・技術を習得する
  • 3.ご利用者の安全を守るため、リスクマネジメント能力を養う
  • 4.人権を擁護し、ヒューマンケアリングによる癒しが実践できる感性豊かな人間性を養う
  • 5.チームケアにおけるチーム員それぞれの役割を理解し、ともに学び合うチーム運営に主体的に参加する態度を養う
  • 6.国際的な視野で地域のヘルスケアの課題に積極的に関わることができる問題解決能力を養う
  • 7.ヘルスケアの本質を追究し、自ら研鑽する態度を養う