訪問看護ステーション ハートパークはびきの 看護部 ステーションの特徴

当ステーションの特徴

自グループ内の関係他部署・部門協力や連携により、調整がスムーズに行える環境です。

ご本人の病状や介護状況によって、訪問回数や時間調整を関連職種の方々と相談しながら早めに対応していきます。

地域の医療機関との連携が重要です。

(訪問診療医との連絡調整や緊急対応の調整)

法人内に多種サービスがあるので、学習や説明が行いやすくなっています。
  • ヘルパーステーション(訪問介護)
  • 介護老人保健施設(通所リハビリ・短期入所・入所)
  • 高齢者生活支援センター(通所介護)
  • 病院
  • 介護療養型病床・通所リハビリ
  • 在宅介護支援センター(配食サービス含む)
  • 居宅介護支援事業所
訪問看護計画や、毎回の看護経過記録をご利用者様のお宅に設置しています。

個人情報保護に努めながら、ご本人やご家族・看護師等が目標を共有できるよう、また、看護の効果も実感していただけるように努力しています。

24時間連絡体制加算により、利用者様との緊急連絡相談を行っています。

携帯電話で常時連絡が可能な状態にしています。

必要時や夜間など訪問が可能なので、各種カテーテルや医療処置が必要な方々や、在宅ターミナル期のご利用者、ご家族様へ安心できる環境作りを整えています。

訪問リハビリテーションの利用者も多くおられます。(理学療法士・看護師対応)

訪問リハビリテーション受け入れ基準を作成のもと、ご利用者さまの状況を把握し、目標をご本人と共有します。

退院・退所前に病院や施設にうかがい、在宅調整相談も適宜行っています。


▲ページトップへ